郵便局学資保険の満期保険金は、契約者=受取人で非課税に

郵便局学資保険には満期があり、満期保険金が受け取れます。

この満期保険金にも税金がかかりますが、受取人の設定方法で課税方法は変わってきます。


保険契約を結ぶ時には、契約者、被保険者、受取人を設定します。

郵便局学資保険では、保険の対象となる被保険者は、当然のことながら子供です。

一般的には、契約者及び受取人を父親(あるいは母親)に設定している場合が多いと思います。

この場合、郵便局学資保険の満期保険金を受け取る受取人は、契約者と同一人物なので、所得税がかかることになります。

課税額=(生存保険金―払込保険料総額―50万円)÷2

郵便局学資保険は、生存保険金を付けない貯蓄性が高いタイプを選択しても、生存保険金が払込保険料を上回ることはありません。

すなわち、この場合の課税額は0円になります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。