郵便局学資保険の満期保険金は、契約者と受取人が異なると贈与税の対象に

郵便局学資保険には満期があり、満期保険金が受け取れます。

この受取人が契約者と異なる場合、契約者から受取人へ贈与したものと扱われ、贈与税の対象となります。

例えば契約者が父親、受取人が母親というように両親がなっているケースでも、贈与税がかかります。

この場合、郵便局学資保険の満期保険金には、以下の計算式で贈与税が課せられます。

贈与税=満期保険金−基礎控除額(110万円)

基礎控除額は110万円しかなく、郵便局学資保険に満期金が課せられる可能性はかなり高くなります。

課税されないために、郵便局学資保険では、契約者と受取人を同一にすることが原則となります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53778838

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。