郵便局学資保険に育英年金がついた育英学資あり!

郵便局学資保険には、通常の学資保険に加えて、育英年金をプラスした郵便局育英学資保険があります。

育英年金とは、保険期間中に親など「扶養者」と設定している人物が死亡した場合、それ以後満期になるまで、毎年被保険者であるこどもに支払われる年金のことです。

保障内容が増えているので、通常の郵便局学資保険とその他条件が同じであれば、当然のことながら保険料は上がります。

とは言え、郵便局学資保険に、より安心して子育てが出来るようにプラスアルファされた学資保険だけに、検討の価値は十分あります。

郵便局学資保険 商品の構成

郵便局学資保険は、高校進学時(15歳満期)、大学進学時(18歳満期)、独立時(22歳満期)に合わせて学資金等の準備ができます。

ただし、満期時期で、加入できる子供の年齢に制限があるので要注意です。


郵便局学資保険加入後に、契約者(親)が死亡した場合は、その後の保険料を支払う必要はありません。

大きく分けて、郵便局学資保険には生存保険金付きと満期金のみのタイプがあります。

生存保険金付18歳満期学資保険では、中学校進学時(12歳)及び高校進学時(15歳)に基準保険金額の10%の生存保険金が支払われます。

また、生存保険金付22歳満期学資保険では、大学進学時(18歳)に基準保険金額の60%、20歳時に基準保険金額の20%の生存保険金が支払われます。

郵便局学資保険は、高校進学コース(15歳満期)、大学進学コース(18歳満期)、大学進学コースで中学進学時(12歳)高校進学時(15歳)に生存保険金が出るコース、大学進学コースで大学進学時(18歳)20歳時に生存保険金が出るコースの4種類から選べます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。